掲示板で出会ったキレイな熟女とセフレになりました

僕はかっこいい熟女が好きです。

キャリアウーマンといった感じの熟女だったらなおいいですね。

現実は、ま、厳しかったですね。

だから、熟女掲示板でセフレにできる熟女との出会いを求めているんですね。

先日も、そんな僕にぴったりの熟女に出会ってきたばかりです。

掲示板で知り合ってから彼女に出会ってみると、彼女はミディアムの髪を後ろでまとめている熟女でした。

彼女の第一印象としては、バスガイドかキャビンアテンダントといったところでしたね。

どちらも経験はないということでしたけど、制服を着たら様になると思いますね。

今日の彼女のスタイルがスラックスだからそう思えたのかもしれません。

いかにも、「仕事でお客様のところに行ってきます」的なスタイルでした。

彼女は休みが不定期だから、掲示板で不倫するのに都合がいいらしいんですよ。

う~ん、なんかうらやましいですね。

今日も家族には仕事だと思わせて家を出てきたようなんですよ。

家族が仕事だと思っているということで、アルコールの力を借りるわけにはいかなかったですね。

おいが着くのもよくないと思って、無難なところでタリーズでコーヒーを飲むことにしました。

コーヒーのにおいだったら着いていても大丈夫だろうということです。

彼女もその点に同意してくれたので、アルコールはないがコーヒーで乾杯しました。

実は、僕のほうも今日は彼女のリクエストもあってスーツを着ていたんですね。

だから、傍から見たら僕らは仕事の打ち合わせをしているようにしか見えなかったでしょうね。

思わぬ形で、僕のあこがれていたオフィスラブが実現したような気分がしました。

カフェでの「打ち合わせ」が終われば、「職場」に戻って先ほど相談した内容を実践する段階になりました。

要するにラブホに行ってセックスしたんですよ。

お風呂上がりの彼女の小さいお尻を見ていると我慢できなくなって、鷲掴みして自分の股間を押し付けました。

僕のチンチンがぱっくり割れたお尻にぴったり収まりましたよ。

お尻に当てて終わりじゃありませんよ。

チンチンをマンマンに挿れてパンパンしました。

彼女はおっぱいのほうも小ぶりで、激しくパンパンしてもぜんぜん揺れなかったですね。

が、先っぽの乳首は敏感でしたよ。

コメント