メガネとショートが似合う熟女とホテルでパコパコしてきました

熟女は熟せば熟すほど美味しくなるというのが僕の持論です。

しかし、僕の周りにはそのことを理解してくれる野郎がいません。

だから、僕が熟女掲示板で熟女をセフレにしていると知ったらあいつらはひっくり返るでしょうね。

ケツの青い若い女の何がいいのか、僕にはわかりませんよ。

僕にとっては、熟女掲示板でセフレになってくれる女性を見つけるのは大変なんですよ。

なにせ自分の親よりも年上の女性の話し相手にならないといけないんです。

ジェネレーションギャップを乗り越えて彼女たちと意思疎通を図らないといけないんですね。

それも過去の話。

ようやく近頃彼女たちとナチュラルに話が合うようになってきました。

これで熟女掲示板での出会いが捗るようになると期待しているんです。

先月もすごく、すごい熟女に出会いましたよ。

彼女はショートでメガネでむっちりしていて巨乳で、そしてそして・・・

要するに彼女はとてもふくよかな女性なんですね。

しかし彼女に関しては、顎が二重になっているのすら色っぽいんですよ。

これまでの経験上、大体は熟女におまかせしておけば間違いありません。

今回も彼女が行きたいところに行って、やりたいことをするだけのつもりでした。

それで彼女と二人でいまさらタピオカドリンクを飲みに行ったんです。

流行りもので彼女も興味があったらしいんですけど、一人では買いづらくてまだ飲んだことがないということだったんですね。

それで僕を誘って行列に並ぶことにしたわけなんです。

念願のタピオカを飲んだ彼女の感想は、「まぁ、うん。まぁまぁおいしい」とのこと。

あんまりお口に合わなかったのでしょう。。

タピオカも食べられて、ご満悦の彼女とそのままの気分をキープさせながら、ホテルへ急ぎました。

抱きしめてキスしたら彼女も気分を新たにエッチにのぞんでくれましたよ。

彼女の片足を抱えてパコパコしました。

いろんなところのお肉が重力に従って下に垂れ下がっているのが見えました。

いや、目の前に広がっている光景を正確に表すなら、溶けている、でしたね。

おっぱいが、腰をパコパコするとぷるっぷるっと震えているところも見えましたよ。

背中のほうではお尻も弾んでいましたね。

そっちは溶けてはいませんでしたけど。

ベッドの上では僕に任せてくれたので、ちょっとうれしい。

コメント